最近、話題になっているGumroadを試してみた。

Gumroadは、オンラインでデータの売買が出来るサイト。

Gumroad

売ってみる

写真のデータなら売りやすいかな、と考えた。3つのURLをもらった。

結果、売り上げ0で惨敗。

当たり前の結果だと気がついた。写真などGoogleで画像検索すれば、何枚でも手に入る。わざわざ、Gumroadで買う人がいるとは思わない。

写真を売るのは難しいか・・

買ってみる

売るのが難しいなら買ってみよう、と思った。

お猿さんの写真を買ってみた。

結果、買うのも難しかった。買うためには、クレジットカード番号が必要。しかも、買うたびに入力。手間がかかる。PaypalかGoogle Checkoutに対応して欲しいところ。

何が売れるのか?

何が売れるのか。fladdictさんのブログ記事によると、以下の物が売れそうだ。

  • 飲み会マネージメント
  • プレゼン資料
  • Ustreamのアーカイブ
  • プレミアムコンテンツ
  • 内輪で使う
  • プロフェッショナルなデータ

私が考えたのは以下の物。

  • ソースコードやサイト素材
  • ブログのiBookデータ
  • 寄付のおまけ

ソースコードやサイト素材は著作権の関係もあって、自由に扱える物が手に入らない事が多い。「自由に扱える権利」を買う人がいると思う。

ブログの記事をiBookデータにして出版する。きれいに整形するだけでなく、追記もする。これは有名なブログでないと難しいかも。ペット系ブログなら、ペット写真集の出版ができる。

あとは、寄付という意味での売買。寄付のおまけとしてデータを渡す。プラスアルファの一品のために使う。

将来に期待

Gumroadでの売買は、自分で買い手を見つける必要がある。上記の考えも「買い手を見つけるのが難しい」が前提となっている。だから、データ以外の価値が必要になったり、需給が偏っている希少価値データが売れると考えている。

しかし、買い手と売り手が簡単にマッチするなら、難易度は下がるはず。つまり、簡単に買い手が見つかるようにすればいい。

例えば、販売写真の一覧がある。写真を眺めながら、良い写真を探す。良い写真が見つかれば、ワンクリック(30円)で買う。iTunesで音楽を買うように、簡単にデータを買えるようなイメージ。こうなったら、意外と活用されるかもしれない。

Gumroadはコンセプトが面白い。

今後の成長に期待できるサービスだと思う。


あと、誰か買ってみませんか?(笑)