AsyncTaskを使う

アプリで処理に時間がかかる場合、Progress Dialogを表示しつつ、別スレッドで処理を行う。よくあるパターンです。今回作成した”Anniversary”もDBに200件ほど書き込む処理があるので、このパターンを使っています。Thread + Handlerの方法はよく紹介されていますが、AsyncTaskを使った方が簡単に実現できます。

これまた、素晴らしい解説ページがあったので、リンク先のページを参照してください。1番目のリンクは、”処理中に画面が回転するとエラーが発生する”問題に対応した方法がのっています。とても参考になりました。