アプリ開発の心得(随時追加中)

f:id:Sirokoix:20100918143547j:image

初めてAndroidアプリを開発して、いろいろと学んだことが多かったので、まとめてみます。今回作ったアプリでは、全然出来ていないポイントが多いので、次回は気をつけようと思います。

  • アプリ設計で考慮する事
    • 優れたUI。ユーザはキレイなものに引かれる
    • シンプルな仕様。ユーザが難なく使えるように
    • シンプルなコンセプト。不明確なコンセプトはユーザを混乱させる
    • 設定せずに使える。設定箇所が多いと混乱する。基本設定と詳細設定を用意する
    • アプリの詳細な説明は不要。ユーザは説明をあまり読まない。説明を読ませたかったら、オペレーションの間にはさむ。説明を読んだら次に進めるようにする。
    • ウィジェット系はアプリ一覧に表示できるように。ユーザにインストールしたことが分かるようにするために。
    • 他のアプリとの干渉を考慮する。
    • バグ送信機能をつける(2.2が多くなってきたので不要かも)
    • 簡単にフィードバックを送信できる様にする。Googleドキュメントのフォームを貼り付けたページに遷移させるのが一番良いと思う。
    • メニューキーを押すのを忘れるユーザは多い!メニューを押すようにメッセージを出す。それか、画面上に全てのボタンを配置してメニューは使わない。
  • マーケットと広告
    • すぐに公開。全機能が完成してなくても公開する。モチベーションが上がる
    • マーケットでの評価(星の数)は気にしなくてよい。適当につけられる(5星と1星が多い)。フィードバックとコメントを重視すべき。
    • Active installsは数値は気にしない。アップデートするとダウンロード数のみ上がっているように感じる。
    • 有料版を出すなら、無料のトライアル版も出す

マーケットのコメントに、いろいろ書かれると凹む事が多いです。しかも、一度投稿されると修正される事が少ないので、ずーと凹みっぱなしです。あまり気にしすぎると病みます。「無料で公開しているんだから文句いうなよ!文句言うぐらいなら消せよ!」ってぐらいの強い心を持ちましょう。