夢幻花(むげんばな)

夢幻花(むげんばな)

  <div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">
    posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 13.05.26
  </div>
</div>

<div class="amazlet-detail">
  東野 圭吾 <br />PHP研究所 (2013-04-18)<br />売り上げランキング: 283
</div>

<div class="amazlet-sub-info" style="float: left;">
  <div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px">
    <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/456981154X/eikatou-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a>
  </div>
</div>

東野圭吾の新作。

初めの数ページから、一気に作品に引き込まれてしまった。途中からは一気読みしてしまうほど面白かった。黄色いアサガオの謎、殺人事件、それを追う主人公。最後の数ページで「あぁ、そういう事か!」と納得ができた。

かなりオススメの一冊。


ちょっと思ったのだけど、Amazonのレビューはどの程度に当たっているのだろうか。試しに、面白くなかった本のAmazonレビューを見ると星3つだった。無限花は星4つ。レビュー内容を見ると根拠もしっかりとしている。Amazonのレビューは品質が高いようだ。

スマホアプリのレビューは荒れるのに、書籍のレビューは荒れていない。何が違うんだろうか・・(知性かな?)