珈琲店タレーランの事件簿

読み始めたミステリー本。

表紙を見るとラノベっぽい。しかし、2012年「このミステリーがすごい!」大賞 隠し玉作品 という肩書き。ちょっと興味がわいたので買ってみた。

珈琲店のバリスタが日常のミステリーを解決していく内容。ラノベ&ミステリーな本。舞台は京都の珈琲店。所々に珈琲知識や京都知識がちりばめられていて、参考になった。

ミステリーは面白いが、ちょっと物足りない感じがする。でも、これぐらいライトなのが良いのだと思う。読み進めると、最後に意外な真実が明らかになる。最初から最後まで楽しめる本だった。