珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  <div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">
    posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 13.05.17
  </div>
</div>

<div class="amazlet-detail">
  岡崎 琢磨 <br />宝島社 (2012-08-04)<br />売り上げランキング: 1,352
</div>

<div class="amazlet-sub-info" style="float: left;">
  <div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px">
    <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4800200725/eikatou-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a>
  </div>
</div>

読み始めたミステリー本。

表紙を見るとラノベっぽい。しかし、2012年「このミステリーがすごい!」大賞 隠し玉作品 という肩書き。ちょっと興味がわいたので買ってみた。

珈琲店のバリスタが日常のミステリーを解決していく内容。ラノベ&ミステリーな本。舞台は京都の珈琲店。所々に珈琲知識や京都知識がちりばめられていて、参考になった。

ミステリーは面白いが、ちょっと物足りない感じがする。でも、これぐらいライトなのが良いのだと思う。読み進めると、最後に意外な真実が明らかになる。最初から最後まで楽しめる本だった。