ブルータスの心臓―完全犯罪殺人リレー (光文社文庫)

ブルータスの心臓―完全犯罪殺人リレー (光文社文庫)

  <div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">
    posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 13.05.11
  </div>
</div>

<div class="amazlet-detail">
  東野 圭吾 <br />光文社 <br />売り上げランキング: 34,844
</div>

<div class="amazlet-sub-info" style="float: left;">
  <div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px">
    <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/433471739X/eikatou-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a>
  </div>
</div>

ずいぶんと昔の本だけど、読んでみたら面白かった。

ストーリーの導入はこのような内容(ややネタバレ)。

ここからの展開が気になって眠れなかった。

3人(A, B, C)が行う殺人計画。Aが大阪で殺して名古屋に運ぶ。Bは名古屋から厚木へ運搬。Cが厚木から東京へ運搬して、東京で遺棄する。

BとCは死亡時間にアリバイがある。Aには、東京へ運んで大阪に戻ってくるだけの時間がない。3人の共謀が分からなければ、アリバイは崩れない。

そして計画は実行される。主人公(B)は計画通りに死体を載せた車を見つけ、厚木に向かう。厚木に到着し、Cに死体を渡す時、死体が女ではないことに気がつく。その死体はAだった。

という内容から始まる小説。おすすめ。