Reeder for Macを買った

Reeder for Macを買った。Reederは、Googleリーダー(RSSリーダー)のクライアントアプリ。人気の理由は、シンプルなデザインと、抜群の操作感だ。

Reeder

Reeder for iPadを使用していて、Reederがとても良いアプリだということが分かっていたので、安心して買うことが出来た。

Reeder 1.1.4(¥850)App
カテゴリ: ニュース
販売元: Silvio Rizzi – Silvio Rizzi(サイズ: 2.8 MB)
全てのバージョンの評価: (142件の評価)

ここがすごい

  • デザイン
  • 操作感
  • 高機能(他のサービスとの連携)
  • Readabillity

シンプルなデザイン。見やすさを重要視している。

操作感がとても良い。気持ちよくRSSを消化できる。ショートカットキーでさくさくと次の記事を読んでいける。ショートカットキーはWeb版Googleリーダーと同じものが使用できる。

トラックパッドのスワイプで記事の操作ができる。しかし、Lionの標準のスワイプ割り当てを変える必要がある。標準で使えないのは少し残念。

他のサービスとの連携も行える。スクリーンショットの右上にアイコンが並んでいる(Evernote、Instapaper、Twitter、Safari)。それぞれのボタンを押すと、そのサービスに記事を渡すことができる。

“Readabillity”という機能がある。”続きを読む”のリンクを探して、Reeder内で続きの記事を表示してくれる。これは予想以上に便利だった。

感想

Googleリーダー(Web版)では、かゆいところに手が届かなかったりする。そういう点を解決できる点が気に入った。

しかし、850円という値段は高いと思う。Googleリーダー(Web版)で満足している人は買う必要がないだろう。デザインや操作感という点に魅力を感じる人が買うアプリだろう。