ウイルスバスター クラウド3年版

ウイルスバスター クラウド 3年版を購入した。

ウイルスバスター クラウド 3年版

ウイルスバスター クラウド 3年版

  <div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">
    posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 13.01.20
  </div>
</div>

<div class="amazlet-detail">
  トレンドマイクロ (2012-09-07)<br />売り上げランキング: 5
</div>

<div class="amazlet-sub-info" style="float: left;">
  <div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px">
    <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B008PL8YW2/eikatou-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jp で詳細を見る</a>
  </div>
</div>

今までウィルス対策ソフトはインストールしていなかったので、セキュリティ面が心配だった。最近の「パソコン乗っ取りで誤認逮捕」事件で、急に心配になってきたのだ。ヨドバシカメラに直行して、9,000円ぐらいで即購入してきた。

安い

ウィルスバスターは意外と安い、と思った。パソコン3台分にインストールできて、3年間利用で9,000円。つまり、1台・1年間で1,000円。

Windows版だけじゃなく、Mac版も入っているので、両方のパソコンにインストールできる。我が家は、Mac1台、Windows2台にインストールしている。

使い勝手

ウィルス対策ソフトをインストールしても、パソコンは重くなった印象はない。今まで通りの使い勝手。ウィルススキャンもできているみたいだ。

Windows版には、ウィルスバスターのファイアウォール機能も用意されている。Windowsにもファイアウォール機能は装備されているけど、ウィルスバスター製の方が良いらしい。

IE, Safari, Firefox, Chromeは、ウィルスバスターの拡張を入れる事ができる。この拡張は、怪しげなサイトを開こうとすると、警告してくれる。

2013120_02

クラウド版の注意点

このウィルスバスターはクラウド製品ということで、ネットワークに接続しているパソコンにインストールするのが望ましい。ウィルスのパターンファイルの大半(80%)を、ネットワーク経由で取得しているからだ。

インターネットが遅いパソコンや、オフラインで使うことが多いパソコンには、インストールしない方が良いだろう。(参考)我が家のパソコンは、無線LANで1Mbpsぐらいしか出ていないけど、問題なく動いている。

他の製品と比べると・・

他社製品と比べると、どうなの?ちゃんと、セキュリティは確保されるの? という疑問があると思う。そういう疑問を解消するページがある。セキュリティソフトの完成度を比較して公表しているページだ。

AV-TEST – The Independent IT-Security Institute: Nov/Dec 2012

ウィルスバスターは6.0で満点なので、大丈夫だろう。

2012年11月時点の最強アンチウイルスソフトはどれなのかが判明 – GIGAZINEも参考になる。


最近は、Macをねらったウィルスもあるらしいので、買って良かったと思う。意外と安かったので、満足している。