メルカリでMacBook Airが意外と高値で売れた

mercari

先日、MacBook Proを購入したので、今まで使っていたMacBook Airを売却した。初めてメルカリを利用したけど、思った以上に高く売れた。

買取価格の比較

元々は、中古品買取りのお店で売ろうと思っていた。買取価格を調べたところ、以下のような価格であった。

  • ソフマップ 35,000円
  • ハードオフ 35,000円

5万円ぐらいで売られている感覚なので、ちょっと安すぎるのではないか?と思った。そこで、直接個人に売却できるメルカリを使えば、5万円ぐらいで売れるのではないかと考えた。

メルカリに出品

メルカリに登録して出品。写真はPCが正常に動いているところを撮る。あと、出品の文章は、以下の点を気をつけて書いた。

  • 大切に使ってきたこと
  • 手放す理由
  • 傷があるところは詳細に説明
  • 仕様を書く
  • 中古品であることを明記しておく

メルカリの値引き交渉

想定外だったのが、値引き交渉。コメントで値引き交渉を打診される。初めは55,000円で出品していたが、53,000円に値引きして買ってもらった。

値引きしたくないなら、値引きしない旨を伝えた方が良い。値引きするか迷った時は「出品直後なので、明日に検討させてください。」とコメントして時間を稼ぐ。そうすると、購入希望者をキープしつつ、元値で買ってくる人が現れるのを待つことができる。

メルカリ文化

メルカリ独自の文化で、「購入者が購入意思を示して出品者が了承する」という文化があるようだ。購入意思を伝えるコメントがきた場合は、OKを返信してあげないと購入してくれない。これを知らなかったので、なぜ購入してくれないのか、1日ぐらい悩んだ。

コメントを確認しないといけないので、売却までに時間がかかる。

メルカリでの発送

メルカリ便というのがあって、発送が簡単だった。出品者と購入者の名前や住所を隠した状態で、宅急便が使えるようになっている。安心の仕組みが構築されていた。

最後に

メルカリでの出品は簡単だった。手数料を持って行かれても、ソフマップより15,000円ほど高く売れたので、非常に満足している。

メルカリのデメリットは、売却までに労力と時間がかかること。そこを気にしなければ、メルカリは非常に使えるサービスだと思う。