SwipeSwitcherを作った理由を説明する。

開発した意図を知って欲しいからだ。また、「SwipePadと比較されたくない」という想いがある。SwipePadとは別物だと思っているが、Androidマーケットに比較コメントが書かれてしまった。そこを説明したい。

SwipeSwitcherを作ろうと思ったきっかけ

「簡単にアプリ切替をしたい」という想いが、開発のきっかけとなった。アプリ切替は、「ホームボタン長押し > アプリ選択」からできるが、それすらも省略したかった。一瞬で、切替できるようにしたかった。

タスク切替を簡単に起動する方法として、スワイプする方法になった。そして、アプリ作成過程で、他アプリを起動するオプションをつけることにした。

SwipePadとSwipeSwitcherの比較について

メイン機能に大きな違いがある。それを説明する。

SwipePadの機能

SwipePadの機能は以下である。

  • アプリ登録できるランチャー
  • スワイプ動作でランチャー起動
  • Addonにより機能拡張が可能

メインの機能は、”アプリ登録できるランチャー”である。

SwipeSwitcherの機能

SwipeSwitcherの機能は以下である。

  • アプリ切替の機能(一つ前のアプリに戻る)
  • スワイプ動作で登録アクションを起動
  • 登録アクションは、アプリ切替とアプリ起動

メインの機能は、”アプリ切替(一つ前に戻る)”である。デフォルト設定も、アプリ切替になっている。

最後に

SwipePadは非常に良く出来ているアプリで、開発者は本当にすごいと思う。初めて使ったときは驚いたし、すぐにAddonも買った。

スワイプの機能が似ているため、同じようなアプリとして認識されてしまうのかもしれない。しかし、ランチャーアプリとしてではなく、タスク切替アプリとして認識して欲しい。

その認識で、SwipeSwitcherを利用してもらえれば、とてもうれしく思う。