ここ1年ぐらい、Evernoteを使い続けている。私が気に入っているEvernoteの使い方を紹介しようと思う。

読書メモ

最近、読書メモを取っている。本を読んでいるときに、「良い内容やん!」って思ったときに、Evernoteに放り込んでいる。これが読書メモ。

読書メモは、後で見返すとおもしろい。自分が良いと思った点を残しているわけだから、後で見ても面白い。それに、何回も見ると記憶にも残るし、まさに一石二鳥!

メモの取り方

その読書メモの取り方は超簡単。

準備する物は、iPhoneかAndroidの携帯。アプリはEvernoteとSkitch。

1.写真を撮る

まずは、対象のページを写真で撮る。電子書籍を読んでいる場合は、スクリーンショット。(内容をコピペできる場合は、そのままEvernoteに入れたらOK)

iPadで電子書籍を読んでいたので、スクリーンショットを取った。

2.Skitchでラインを引く

Skitchを起動して、撮った写真を開く。良かった箇所をマークする。

今回は緑色で囲ってみた。

3.Evernoteに送信

最後は、Evernoteに送信して完了。

Evernoteに取り込み後。

送信後に、Evernoteアプリで、タイトルやタグを変更しておくと良い。私は、タイトルを「書籍名 P.XX」にしている。ページ番号を入れることで、別のノートとタイトルが重複することがなくなる。

きれいに保存したい人は、こんな方法もある。紙で読んでいるときは写真で保存しておく。後で自炊してPDFにしてから、写真をPDFに置き換える。とりあえず、その場でメモしておくことが大切(忘れるから)。

読書家にもEvernoteを

読書していても、読み終わると、中身を忘れてしまう。中身だけでなく、本自体も忘れてしまう。でも、それでは読んだ意味がない!

ということで、Evernoteにメモしはじめたのがきっかけ。

今では、Evernoteを見返すと、読んでいた本のページを見直すことができる。Evernoteの画像認識機能で、検索することもできる。検索時に、思いもよらない本がヒットしたりして、結構おもしろい。

読書する人に、おすすめの活用法。

本を読んでいるときは、Evernoteの準備を忘れずに!


初めは、OCRした文書を入れたりしていたのだけど、かなり手間だった。OCRの精度が高くないと、変な文字が入ってしまって、読み返す気にならないからだ。多数のOCRのサービスを試してみたが、どれもいまいちな結果だった。

いろいろ試した結果、「画像で入れた方が楽」という結論に至った。入れるのが手間だと、入れなくなってしまうからね。ここポイント!

ちなみに、OCRが優秀なのはGoogleドキュメントだった。