SHARP製のAndroid携帯をおすすめしない理由

よく、「おすすめの携帯は?」と聞かれる。そういう時は、「iPhone、Galaxyシリーズ、Xperiaシリーズがおすすめ」と言っている。そして、最後に必ず注意するのは「日本製のスマホは止めておけ」。

SHARP製スマホ

日本製のスマホの中でも、特に注意が必要なのはSHARP製のスマートフォン。「SHARPは有名メーカーだし、きっと良いものに違いない!」と思っている人もいるみたいだけど、あまりお薦めはしない。理由は、独自機能を作り込みすぎているからだ。

そのSHARP製スマホだが、新たな独自機能を搭載するらしい。

先日の「SHARP Androidアプリ開発テクニカルセッション」で発表された、「バッテリーの消費を抑えるために、バックグラウンドの動作を強制的に抑える」というもの。エコ技モードの新機能「技ありモード」だ。

参考:SHARP Androidアプリ開発テクニカルセッションに参加報告

一見、便利そうに思えるが、大きな問題点がある。

エコ技「技ありモード」の問題点

Androidでは、裏で処理を実行できる機能が用意されている。多くのアプリが、この機能を利用している。Androidの標準機能なので、利用するのは当たり前だ。しかし、エコ技モードを使用していると、この機能を使用しているアプリが正常に動作しなくなってしまう。

具体的には、アラームアプリやジョギング記録アプリなどが該当する。

エコ技モードは適用するアプリの除外指定も可能だ。除外指定すると、アプリは正常に動作する。

一般のユーザは除外する事に気がつくだろうか。いや、絶対に気がつかない。

アプリの説明文だって読んでくれないユーザが多いのに・・。「動きません」というコメントでアプリの評価欄が埋まるだろう。

アプリ開発者からは・・

アプリ開発者からは不評のようだ。

標準APIとして公開されているのに、SHARP製では使えない。SHARP製のみの対応を行う必要性がでてくる。ほとんどの開発者は、「ダウンロード対象機種からSHARP製スマホを除外する」という対応を実施すると思われる。

参考:2012/3/15 の #SH_DEV まとめ

事情を知らない海外の開発者は、「2012/03/04:消えた「QuickPic」の謎」のように、日本外しを行うかもしれない。

まとめ

私がSHARP製のAndroid携帯をおすすめしない理由は、こういうところにある。この機能がユーザのためになる、と思って作っているなら、とんでもない勘違いだ。SHARPには、もっと別の路線でがんばってもらいたいと思った。


ちなみに、SHARPのINFOBARは大好きです。