Androidアプリを開発できるAndroidアプリ。ちょっと何を言っているのか分からないけど、本当にその通りのアプリ。AIDEは、Androidアプリを開発するIDE(統合開発環境)アプリだ。

試してみる

立ち上げると、すぐにプロジェクトを作るように促される。そのまま、プロジェクトを作っていくと、ひな形のプロジェクトが完成する。

プロジェクト完成後の画面。MainActivityのソースコードが出来上がっている。その他のファイルも見ることが出来る。もちろん、リソースファイルもある。Eclipseでプロジェクトを作成したときと同じ構成だった。

右上のメニューから「Run」を実行する。コンパイルが実施され、apkが作成される。apkが出来たら、すぐにインストール画面に遷移した。

インストールしたら、ちゃんと動いた!

開発中のアプリを試す

サンプルアプリが動くんだったら、いまPCで開発中のアプリはどうなんだろう?気になったので、試してみた。

ソースコードをAndroidに取り込んで、プロジェクトを開く(何か1つのファイルを開くとプロジェクトを開いたことになるらしい)。プロジェクトを開くと、Rクラスが見つからないエラーが出た。「Run & Clean」でリビルドすると、Rクラスのエラーは解消。

jarを参照している箇所のエラーが残った。ライブラリの参照が出来ていないエラーが出る・・。とりあえず、エラーとなっている箇所を消した。

ちなみに、ソースコードの編集も簡単にできる。上の画像の「Select」を押すと、様々なテキスト選択オプションが選べる。ソースコードの修正は思ったより、簡単だった。

「Run」を再実行。

コンパイルは通るようになったものの、Dexingでエラーとなってしまった。gsonライブラリを使っているが、そのgsonライブラリが見つけられていないみたいだ。

いろいろ試したけど、なかなか解決できなかったので、ここで切り上げた(あきらめていない。時間がないだけ!)。

(3月7日追記)

jarが参照出来ないのは既知のバグだったようで、最新バージョンだと、ソースからAPKを作成することができた。

まとめ

AndroidアプリでAndroidアプリを開発する夢のようなアプリ。アップデートも繰り返されており、今後の成長が期待できる!

Androidタブレットとキーボードがあれば、アプリ開発ができるようになる日も近い!