DockerでWordPress環境を構築する

WordPressのブログをAWS S3で公開するの続き。

前回はS3でブログを公開するところまでやったので、次はさくらインターネットのWordPressを止める必要がある。その前に自分のPCでWordPress環境を構築する。今回はDockerの勉強もかねて、Dockerを使って構築する。

Dockerとは

Dockerは軽量の仮想化環境である。VirtualBoxなどの仮想化はハードウェアからのエミュレーションであるが、DockerはホストOSの上のレイヤーでの仮想環境である。下のリンクが分かりやすい。
WikiPedia Docker
超入門Docker:第1回 Dockerとは

ミドルウェア(ApacheやMySQLなど)を入れたイメージを作り、そのイメージをベースとしたコンテナを動かしていく。もし、ミドルウェアのバージョンアップがあった時は、コンテナを作り直して、コンテナを差し替える形で起動すれば良い。負荷分散などで複数サーバを立ち上げたい時は、同じように設定されたコンテナを複数起動させることができる。要は、アプリケーション環境を一つの箱に入れ込んで管理できるというもの。

今回はホストOS(Mac)の環境を汚すことなく、WordPress環境を作れるところもメリットだと思った。

続きを読む

カテゴリー: Web

WordPressのブログをAWS S3で公開する

WordPressを動かすにはPHPやMySQLが必要なため、どうしてもレンタルサーバを借りることになってしまう。このブログもWordPressを利用しており、さくらのレンタルサーバ スタンダードを使っていた。このレンタルサーバのお値段は1年間で5,142円。メモ書き程度にしか使っていないブログで、この値段は高い、と思っていたところに、AWS S3を使ってホスティングする方法を見つけた。

この方法は、自分のPC内でWordPressを起動させ、そのWordPressを静的HTMLに出力して、それを外部に公開する方法となる。そのため、WordPressが持つ全ての機能が動くわけではない。例えば、コメント機能や予約投稿などの機能が使えなくなってしまう。

現在、さくらインターネット上で稼働しているWordPressをAWS S3に移行する。また、独自ドメイン「eikatou.net」を使っているため、このドメインでアクセスできるよう設定を行う。

以下の2つのサイトを参考に実施していく。
S3で独自ドメインを使用して静的ウェブサイトをセットアップしてみる
独自ドメインを使ってAmazon S3で静的Webサイトをホストする

続きを読む

カテゴリー: Web

ReadabilityにURLのみを送るブックマークレット

最近、Readabilityを使い始めた。Instapaperよりもデザインが綺麗なところがお気に入り。

しかし、ブックマークレットが動かないことが多い。たとえば、Stackoverflowでは「Saving・・」が出てこない。こんな時は、URLのみを送るブックマークレットを使うと良い。

以下をブックマークのアドレスに保存する。名前は「Later」とかにしておく。

stackoverflowで保存したブックマークレット「Later」を押すと、以下の画面が表示される。真ん中のボタンを押すと保存できる。


Stackoverflowなど保存できないサイトは、Readabilityがコンテンツの取得に失敗しているようだ。

カテゴリー: Web

WordPressにRSS登録ボタンをつける

「RSS登録はこちら」といった形で登録を促しているブログがある。Wordpressのプラグインかな、と思っていたが、見つからない。Google先生に聞いても、なかなか分からない。

半月も悩んだ結果、自分でテーマをカスタマイズして、表示できるようになった。

その方法を紹介する。

続きを読む