macOS Sierraに安心してアップデートするためのチェックリスト

macOS Sierraがリリースされましたね。MacのOS更新の前に確認する事をまとめてみました。これをチェックしてから、更新に進みましょう。

160924-0001

ハードウェア条件を確認

Macのハードウェア条件を見て、アップデート対象のMacかを確認します。ここで対応していなければ、アップデートは出来ないです。

macOS Sierraの新機能を確認

macOS Sierraで新機能を確認します。アップデートするOSがどのような機能を持っているか調べておきます。この時、利用しない機能を覚えておきます。OSアップデートして、すぐに設定画面が出てくる可能性があるためです。

普段使っているアプリがmacOS Sierraに対応済みか確認

macOS Sierraにアップデートして、普段使っているアプリケーションが動かなければ困ります。事前にアプリケーションが対応済みかを確認しておきます。

基本は、そのアプリケーションのサイトを確認するのが良いでしょう。
以下のサイトも役に立ちます。
macOS Sierra 10.12: Compatible Apps

ちなみに、私が利用しているアプリの対応状況は以下でした(2016/09/23時点)。
・1Password -> OK
・ATOK -> 不明(未対応だが動くかも)
・ウィルスバスター -> バージョンアップで対応
・Evernote -> OK
・Dropbox -> 特定の使い方で問題が発生
・IntelliJ IDEA -> 未対応(対応中)

IntelliJ IDEAが対応中とのことで、アップデート待ち中です。

Google先生にアップデートの結果を聞く

Googleで検索して、新OSのアップデートを済ました人達の結果を確認しましょう。ネガティブなキーワードで検索して、問題が起きた事例を確認しておきます。
・macos sierra 問題
・macos sierra 動かない
・macos sierra 遅い
・macos sierra 重い

アップデート前に・・

アップデート前に以下を確認します。
・バックアップを取りましたか?
・ウィルス対策ソフトをオフにしていますか?
・別途インターネットにアクセスする方法がありますか?

ここまで来たら準備万端です。アップデートボタンを押すだけです!

TubePlayer 〜 Youtubeをオフラインで閲覧可能

今日、紹介するのはTubePlayerというアプリ。
Youtubeを閲覧することが出来るアプリだ。

AppStoreの紹介文には「全機能搭載の第三方YouTube端末です。一番注目すべきのはアウトライン放送です。」とある。意味が分からない・・。たぶん「オフラインでもYoutubeを見る事ができるよ」というのが売りなのだと思う!

Youtubeの動画は電波が弱いところだとすぐに止まってしまう。常に動画をダウンロードし続けているからだ。このアプリで、好きな動画を家でダウンロードしておけば、電波がなくとも快適に見ることができる。すばらしい!

もちろん、Youtubeアプリとしての基本機能も備わっている。

続きを読む

Reflectorを使って、iPhoneの画面を録画する

20130331a
久しぶりにMacアプリを購入。
購入した「Reflector」は、iPhoneの画面をMacに表示してくれるアプリ。
アプリの操作を録画したい時や、大人数でiPhoneの画面を見たい時などに役に立つ。

Reflectorの公式サイト
App Storeにないので、ライセンスをホームページから購入することになる。
(カード情報は入力せずに、必ずPaypalで支払いましょう)

無料で使える?

お試しで使えるのは少しだけ。昔は10分の動画までなら無料で使えたようだが、それは出来なくなったようだ。いろいろ試したが、無料で使えたのは1回だけだった。買うしかない!

続きを読む

iPhone用壁紙(アイコンを棚に飾る)

2013312_01
最近、棚の壁紙を使用して、アイコンを棚に飾っている。
一度、やってみたかったんだよね。

この「Shelf Backgrounds and Wallpapers Free」を使うと、簡単に棚画像を手に入れる事ができる。

このように棚画像が大量に表示されるので、それを保存し、壁紙に設定するだけ。
2013312_02

このような背景だと、アイコンが主役となる。アイコンが引き立つ壁紙もよいものだ。