ホーム画面に「Twitter」(Android)のリストを開くアイコンを作る方法

今まで「twicca」を愛用してきたけど、画像などのリンクが開けないことが増えてきたので、Android公式Twitterアプリを利用し始めた。

しかし、公式アプリではリストを開くまでに3タップ必要で、そこが不満だった。ホーム画面にTwitterのリストを開くアイコンを作る方法を見つけたので紹介する。

1.「URLへのショートカット」をインストール
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.miotti.ShortcutToURL&hl=ja

2.「URLへのショートカット」を起動
名前:好きなショートカット名
URL:twitter://list?screen_name=ユーザ名&slug=リスト名

URLの”ユーザ名”の箇所には自分のTwitterユーザ名(@は除く)を入れる。”リスト名”の箇所にはリストの名前を入れる。

3.最後にアイコンを選択して、OKを押す。これでホーム画面にショートカットができているはず。

(おまけ情報)
ブラウザなどでリンクを押した後に、公式アプリが起動する場合は、そのリンクを取ればショートカットが作れる。今回はPCのChromeでデバイスをスマートフォンにして、リンクを取得した。

AndroidのGmailアプリの未読のみを表示する方法

gmail_unread
AndroidのGmailアプリは、なぜか未読のみを表示するボタンがない。

メールがたくさん来ると、読んでいないメールが分からなくなり、2度と見ることがなくなってしまう。また、私のZenfone5ではGmailアプリのアイコンに未読数がつくのだけれど、なかなか未読メールを見つけられなくて、未読数を消すことが出来ない!と非常に困っておりました。

でも、ようやく未読のみ表示する方法が分かりました。
右上の検索ボタンを押して、「label:unread」と入れて検索すると未読メールのみ表示できます。ちょっとしたTipsですね。

SIMフリースマホの対応バンド

141109-0001

SIMフリーのスマホを買うときは、対応バンドを確認しておいた方が良いことを知りました。今まで、「使えたらいいか」といった感じでしたが、気になったので調べてみました。

ドコモ系MVNOの周波数帯をまとめてみた!
Xperia Z3 SIMフリー版は対応バンドから日本では使いづらいかも

ドコモ系MVNOを利用している人は、ドコモの周波数にスマホが対応している必要があります。

Nexus6の対応は

Nexus6 – Google
Nexus6の仕様は、以下のようになっています。

ネットワーク
北米:
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
CDMA バンドクラス: 0 / 1 / 10
WCDMA バンド: 1 / 2 / 4 / 5 / 8
LTE バンド: 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 12 / 13 / 17 / 25 / 26 / 29 / 41
CA DL バンド: B2-B13、B2-B17、B2-29、B4-B5、B4-B13、B4-B17、B4-B29

その他の国:
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
CDMA: 非対応
WCDMA バンド: 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 9 / 19
LTE バンド: 1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 9 / 19 / 20 / 28 / 41
CA DL: B3-B5、B3-B8

国内版は「その他の国」の方です。LTEのBand 1,3,19が対応していますので、LTEは快適に利用できそうです。WCDMAもBand 1,9,19が対応しているので、3Gも快適に利用できそうです。

Xperia Z3 CompactかNexus6のどちらを買うか悩んでいましたが、Nexus6に決定です。

マイアプリ「SuperIcon」をandronaviにレビューしてもらった

マイアプリの「SuperIcon Free」をAndronaviさんにレビューしてもらった!


『SuperIcon Free』~使い方はあなた次第!スマホ画面をiPhone風アイコンやWindows風アイコンで彩ろう♪~ | andronavi スマホアプリが見つかる!

レビューしてもらってから、5,100ダウンロードから5,700ダウンロードまで増えた。Andronaviの効果はすごい!&感謝!

続きを読む »

Galaxy NexusにJelly beanを導入


Galaxy Nexusに、Android 4.1(Jelly bean)を導入した。

手順

Google、GSM/HSPA+対応版Galaxy Nexus向けにAndroid 4.1(Jelly Bean)へのアップデートを配信開始 | juggly.cn」とのことで、待っていたけど、なかなかアップデートが来ない。
それもそのはずで、私のGalaxy Nexusは”yakjusz”で、”yakju”ではなかった。という事で、”yakju”のFactory Image(公式 4.0.4)を導入して、OTAアップデートで4.1に上げることにした。

簡単に書くと、以下の手順となる。

  1. OEM Unlock
  2. ClockworkMod Recovery導入
  3. Wipe
  4. Factory Image(“yakju”)導入
  5. システムアップデート

続きを読む »

AccountManagerを使ってGoogleサービスの情報を取得する

久しぶりにAndroidの開発ネタ。Googleリーダーアプリ(RSSリーダー)を作ろうと思ったことがあり、AccountManagerの使い方を調べていた。

手順としては2段階となる。

  1. Android端末のGoogleアカウントを取得
  2. Googleサービスの情報を取得

AccountManagerを使うと、Android端末に登録されているGoogleのアカウント情報を取得できる。その後、Googleにログイン(認証Tokenを使用)して、Googleサービスの情報を取得する。

AccountManagerを使用する

AccountManagerで検索すると、以下のサイトが見つかる。丁寧に解説されていて、すごく参考になった。

ここはスキップ。上記のサイトを参考に。

Googleサービスの情報を取得

これでAccountManagerの使い方は分かるのだが、使い方が分からない。「Account Managerについて – adsaria mood」では、最後のサービスのデータ取得までは至っていない。

いろいろ試した結果、HttpHeaderに認証トークンを入れる事で、データ取得ができるようになった。今回は、Googleリーダーの情報が取得するサンプル。

private void loginGoogle(String token) {
  DefaultHttpClient http_client = new DefaultHttpClient();
  
  HttpGet httpGet = new HttpGet("http://www.google.com/reader/atom/user/-/state/com.google/read");
  httpGet.setHeader("Authorization", "GoogleLogin auth="+token);
  HttpResponse response;
  try {
    response = http_client.execute(httpGet);
    InputStream in = response.getEntity().getContent();
    BufferedReader reader = new BufferedReader(new InputStreamReader(in));
    String l = null;
    while ((l = reader.readLine()) != null) {
      Log.i("MyApp", l);
    }
  } catch (Exception e) {
    e.printStackTrace();
  }
}

Googleリーダーの情報が取得できた。

今回、作ったサンプルのソース。Androidエミュレータで、Googleアカウントを設定してから起動する必要がある。起動後にボタンを押すと、Googleリーダーの情報をLogcatに出力する。
TestAccountManager1.java


GoogleリーダーのAPIは、以下のサイトを参考にした。正式に公開されていないらしい。

沖縄音楽が聴ける OKINAWA DRIVE LABEL

沖縄音楽を聴くことが出来るアプリ「OKINAWA DRIVE LABEL」。ひさびさにヒットアプリだった。


OKINAWA DRIVE LABEL – iTunes App Store
OKINAWA DRIVE LABEL – Google Play

沖縄音楽を流すことが出来る。良い音楽がそろっている。

沖縄写真も見ることが出来る。

いま沖縄に着いた。ちょっと暑いな、沖縄は。


とても良いアプリだと思う。企画がすばらしい。沖縄に焦点を当てて、音楽と写真をコンテンツにする。ニッチなジャンルであるにも関わらず、誰でも楽しめる。利用者も楽しいし、沖縄の活性化にも繋がる。

こんなアプリを作ってみたい、と思った。